全部試した? インドネシアの絶品グルメ – 食通が熱狂する、見逃せないおすすめ料理52選

今度インドネシアに行くので、インドネシア料理について調べていたのですが……

なんかたくさんあるみたいで……

そうなんです!インドネシア料理は、よく知られているナシゴレン以外にもたくさんの料理があるんですよ!

本記事で詳しく紹介していきますね!

編集:地球の歩き方編集室
¥2,420 (2024/07/11 18:24時点 | Amazon調べ)
\Amazonプライムデー先行セール/
Amazon
目次

インドネシア料理って何種類?どれくらいあるの?

インドネシア料理は、群島国家であり、且つ、世界で確認されている4万種の植物のうち3万種はインドネシアで確認されていることからも、とてもたくさんの料理があります。

インドネシア料理は3259種!?

34の州にまたがる何千もの島々を持つインドネシアでは、多くの人が料理の楽しみの正確な数を知らない。多様な文化を持つインドネシアでは、各地域に多くの種類の食べ物が広がっている。

上級料理専門家のIr Murdijati Gardjito教授の研究は、インドネシアの料理の喜びの数は数千に達することを証明している。彼によると、名前を知らない料理がまだたくさんあるため、リストはまだ増える可能性がある。

“私は名前しか知らない3,259があります “と言った。

過去に世界のグルメサイト等で入賞したことのあるインドネシア料理

ジョグジャ先生

いくつかのインドネシア料理は、世界のグルメサイトやニュースサイトでランキングに選ばれるなど、されています。

1. ルンダン(Rendang)

インドネシア料理の宝石とも言える「Rendang(ルンダン)」は、長時間煮込んだスパイシーな牛肉料理です。

この料理は、西スマトラのパダン地方が発祥で、独自のスパイスブレンドとココナッツミルクを使ってじっくりと調理されます。その結果、肉は非常に柔らかく、深い風味が特徴です。

ジョグジャ先生

Rendangは、家庭の祝い事や特別なイベントでよく供される一方、インドネシア国内外のレストランでも人気を博しています。その複雑な味わいと手間暇かけた調理法から、多くの人々に愛される料理となっています。

西スマトラ州の美味しい肉料理であるルンダンは、2017年7月に発表されたCNNの「世界のベストフード50」において、再びベストフードに選ばれた。

ルンダンは、インドネシア観光省がインドネシアの食のアイコンとして推している5つのインドネシア名物のひとつである。

2. サテ アヤム(Sate Ayam)

インドネシア料理の代表格「Sate Ayam(サテ・アヤム)」は、鶏肉の串焼き料理です。小さく切った鶏肉を竹串に刺し、特製のスパイスマリネで味付けした後、炭火で焼き上げます。その独特の香ばしさと柔らかい食感が魅力です。

Sate Ayamは、甘辛いピーナッツソースをたっぷりとかけて食べるのが一般的で、このソースが鶏肉の旨味を引き立てます。

また、Sate Ayamは屋台やレストランで手軽に楽しめるため、インドネシアの街角でよく見かける人気のストリートフードでもあります。この料理は、家庭の食卓からお祝いの席まで幅広く愛され、多くの人々に親しまれています。

サテはインドネシアの名物料理のひとつで、2017年の海外メディアによる「世界で最もおいしい食べ物50」のリストにも入っていますね。

鶏肉を使うこの料理は、美味しくて食欲をそそる風味を持っている。ピーナッツソースをかけて食べるのが一般的なこの料理が、各界で大人気なのも驚くにはあたらない。

3. ソト(Soto)

CNNによると、ソトは世界のスープ料理ベスト20の第4位を占めている。インドネシアのSotoは、新鮮なターメリック、シナモン、レモングラス、ライムの葉などの美味しいスパイスと一緒に食べるのが一般的で、食欲をそそる香りと風味を作り出している。

また、シンガポールやマレーシア、遠く南米のスリナムでも愛されており、世界で最も美味しいと認められているインドネシア料理のひとつである。

4. ナシゴレン(Nasi Goreng)

ルンダンと同様、インドネシアのナシゴレンも2017年の海外メディアの発表によると、世界最高の食べ物に選ばれた。ナシゴレンはインドネシア料理として認知されているが、世界には様々なバージョンの炒飯(Fried Rice)が存在する。

インドネシアのナシゴレンと他の国のFried Riceの違いは、より甘い醤油を使うこと、よりスパイシーな味付けにすること、炒めた玉ねぎ(Bawang Merah)を加えることである。インドネシアのナシゴレンは通常、漬物やクラッカーと一緒に食べる。

5. ソト ブタウィ(Soto Betawi)

Soto Betawiは、ジャカルタ近郊の典型的なSotoである。他のSoto同様、Soto Betawiも内臓などのホルモンを使う。

Soto Betawiでは、内臓肉のほかに、鶏肉や牛肉も具材として使われることが多い。

Soto Betawiのスープはココナッツミルクと牛乳の混合物である。Soto Betawiの味をより特徴的なものにしているのは、このココナッツミルクです。

Soto Betawiという言葉がインドネシア料理に登場したのは1977~1978年頃。しかし、それ以前にSoto Betawiがなかったわけではない。

Soto Betawiという言葉は、1991年頃にSoto売りが閉店したときに一般的な言葉として広まり始めた。それ以来、Soto Betawiはジャカルタやインドネシアの他の都市で人気を博している。

6. サテ カンビン(Sate Kambing)

Sate Kambingは、通常生後5ヶ月未満の若いヤギの肉(バリブル)を使うので、肉は柔らかく風味が良い。

肉は細かくスライスされ、竹串に刺して焼かれる。肉は香ばしく、ほのかに甘く、食べても噛み応えや柔らかさはない。

さらに、特にTegal地方で有名なSate Kambing Tegalは、ミディアムレアに焼き上げられ、エシャロット、トマト、青唐辛子を添えた甘い醤油の薬味が忘れられない味に仕上げている。

このTegalの甘辛ダレが本当にやみつきになるほど美味しいです!

7. ラウォン(Rawon)

ラウォンは東ジャワの名物料理で、黒い牛肉煮込みスープです。

ラウォンのスープの黒い色は、kluwek(クルワック)としても知られるkepayang(クパヤン)の果実に由来する。東ジャワの代表的な料理として知られているが、ラウォンは中部ジャワ東部、特にスラカルタ地域の人々にも広く知られている。

ラウォンの特徴は、Kluwek(クルワック, クルウェック)という果実の風味であり、これが料理に強くスパイシーな香りを与えている。ラウォンは温かいご飯と相性抜群で、茹でたもやしがトッピングされます。風味を加えるために、お好みで好みでネギ、チリソース、ライムを加える。ラウォンは、Telur Asin(塩漬け卵)ともよく合い、一緒に提供されることが多い。

8. アヤム ブトゥトゥ(Ayam Betutu)

インドネシア料理『Ayam Betutu』とは?

「Ayam Betutu(アヤム・ベトゥトゥ)」は、インドネシアのバリ島を代表する伝統的な鶏料理です。名前の「Ayam」は鶏、「Betutu」はバリの特製調味料を意味し、この料理はスパイスとハーブをふんだんに使用することで知られています。鶏肉にターメリック、ショウガ、ガランガル、レモングラス、チリなどの香辛料を詰め込み、バナナの葉で包んでからじっくりと蒸し焼きにします。

この調理法により、鶏肉は非常に柔らかくなり、スパイスの風味が肉全体に染み渡ります。特にバリの伝統行事や祝祭の席で提供されることが多く、その独特な味わいはバリ文化を象徴しています。

Ayam Betutuの特徴は、その豊かな風味と香りです。スパイスの効いたソースが鶏肉に絡み、一口食べると複雑で奥深い味わいが広がります。バリ島を訪れる際には、現地のレストランでぜひ試してみたい一品です。また、バリの料理教室でも人気のメニューとなっており、自宅で再現するのも楽しみの一つです。

9. アヤム ゴレン(Ayam Goreng)

インドネシア料理『Ayam Goreng』とは?

インドネシア料理の代表的な一品、「Ayam Goreng(アヤム・ゴレン)」は、その名の通り鶏肉のフライです。「Ayam」は鶏肉、「Goreng」は揚げるという意味で、特製のスパイスに漬け込んだ鶏肉を香ばしく揚げた料理です。

この料理の魅力は、そのスパイスブレンドにあります。にんにく、ターメリック、コリアンダー、ライムリーフなどが使われ、香り豊かな風味が鶏肉にしっかりと染み込んでいます。外はカリッと、中はジューシーに仕上がるため、一度食べるとやみつきになる美味しさです。

Ayam Gorengは、白ごはんやサンバル(辛いソース)と一緒に食べるのが一般的です。家庭料理としても、レストランのメニューとしても人気が高く、インドネシアの多くの家庭で親しまれています。この料理は、シンプルでありながらも深い味わいが楽しめる一品です。

10. アヤム バカール(Ayam Bakar)

インドネシア料理『Ayam Bakar』とは?

インドネシア料理の中でも特に人気の高い「Ayam Bakar(アヤム・バカール)」は、香ばしく焼かれた鶏肉料理です。「Ayam」は鶏肉、「Bakar」は焼くという意味で、特製のスパイスペーストでマリネされた鶏肉を炭火やグリルでじっくりと焼き上げます。

Ayam Bakarの魅力は、そのスパイスブレンドにあります。ターメリック、コリアンダー、クミン、にんにく、しょうが、ココナッツミルクなどが使われ、鶏肉に豊かな風味を与えます。このスパイスが鶏肉にしっかりと染み込み、焼かれることで香ばしさが引き立ちます。

インドネシアの多くの家庭やレストランで親しまれており、サンバル(辛いソース)や白ごはん、サラダと一緒に提供されることが一般的です。Ayam Bakarは、その芳醇な香りと深い味わいで、一度食べると忘れられない美味しさを提供してくれます。

11. ナシ バカール(Nasi Bakar)

インドネシア料理『Nasi Bakar』とは?

インドネシア料理の一つである「Nasi Bakar(ナシ・バカール)」は、炭火で焼かれたご飯料理です。「Nasi」はご飯、「Bakar」は焼くという意味で、この料理は香り豊かなご飯をバナナの葉で包み、炭火でじっくりと焼き上げます。

Nasi Bakarの魅力は、その独特の風味にあります。ご飯にはココナッツミルクやスパイス、鶏肉や魚、エビなどの具材が加えられ、バナナの葉で包むことで自然な香りがご飯に移ります。焼かれることで、バナナの葉の香ばしさとスパイスの風味が一体となり、食欲をそそる香りが広がります。

この料理はインドネシアの様々な地域で親しまれており、特にバリやジャワ島で人気があります。サンバル(辛いソース)や新鮮な野菜と一緒に提供されることが多く、香りと味のバランスが絶妙な一品です。Nasi Bakarは、その独特の調理法と深い味わいで、多くの人々を魅了しています。

12. ソプ ブントゥットゥ(Sop Buntut)

インドネシア料理『Sop Buntut』とは?

インドネシア料理の「Sop Buntut(ソップ・ブントゥット)」は、牛の尾を使ったスープ料理です。名前の「Buntut」はインドネシア語で「尾」を意味し、主な材料である牛の尾から名付けられています。この料理は、特にジャカルタなどの都市部で非常に人気があります。

Sop Buntutは、じっくりと煮込まれた牛尾の深い旨味と、スパイスやハーブの豊かな香りが特徴です。スープは透明でありながら、非常にコクがあり、柔らかく煮込まれた牛尾は口の中でとろけるような食感を楽しめます。具材には、にんじん、じゃがいも、トマトなどが使われ、色鮮やかで栄養バランスも良好です。

この料理は、ライムやサンバル(辛いソース)を添えて提供されることが多く、個々の好みに合わせて味を調整することができます。温かいスープが体を温め、牛尾の豊富なコラーゲンが健康にも良いとされています。Sop Buntutは、家庭料理から高級レストランまで幅広く楽しめるインドネシアの代表的なスープ料理です。

13. アヤム タリワン(Ayam Taliwang)

インドネシア料理『Ayam Taliwang』とは?

インドネシア料理の「Ayam Taliwang(アヤム・タリワン)」は、西ヌサ・トゥンガラ州ロンボク島の特産品で、香ばしくスパイシーな鶏肉料理です。この料理の名前は、ロンボク島のタリワン村から来ています。Ayam Taliwangは、焼き鳥やグリルチキンとして調理され、独特の味わいが特徴です。

料理には、若鶏が使われ、その鶏肉は唐辛子、にんにく、トマト、エビペースト(トラシ)などのスパイスで味付けされます。これらのスパイスは、鶏肉に深い風味を与え、特に唐辛子のピリッとした辛さが特徴的です。鶏肉はグリルでじっくりと焼かれ、その結果、外は香ばしく、中はジューシーに仕上がります。

Ayam Taliwangは、通常、白米やプルレン(もち米)と一緒に提供され、サンバル(インドネシアの辛いソース)や新鮮な野菜のサラダと一緒に楽しむことが一般的です。この料理は、スパイシーな食べ物が好きな人々にとって絶品であり、インドネシアの多彩な料理文化を味わう絶好の一品です。

14. チャー カンクン(Cah Kangkung)

インドネシア料理『Cah Kangkung』とは?

「Cah Kangkung(チャ・カンクン)」は、インドネシアの家庭料理として親しまれている炒め野菜料理です。カンクン(空芯菜)は、シャキシャキとした食感と豊かな風味が特徴の葉野菜で、インドネシアをはじめとする東南アジアの料理によく使われます。

Cah Kangkungの調理方法はシンプルでありながら、その味は奥深いです。基本的な材料には、空芯菜、にんにく、赤唐辛子、エビペースト(トラシ)、お醤油、塩が使われます。まず、にんにくと赤唐辛子を炒めて香りを引き出し、そこに空芯菜を加え、エビペーストとお醤油で味を整えます。調理時間は短く、空芯菜のシャキシャキ感を保つために、さっと炒めるのがポイントです。

この料理は、シンプルながらも栄養価が高く、ビタミンやミネラルが豊富です。また、エビペーストの旨味と唐辛子のピリ辛が絶妙にマッチし、ご飯のおかずとしてぴったりです。Cah Kangkungは、インドネシア料理の豊かな味わいとヘルシーさを楽しむのに最適な一品です。

15. ガドガド(Gado-Gado)

インドネシア料理『Gado-gado』とは?

「Gado-gado(ガドガド)」は、インドネシアを代表するサラダ料理で、さまざまな野菜とピーナッツソースを組み合わせた一品です。「Gado-gado」とは、インドネシア語で「混ぜる」を意味し、その名の通り、さまざまな食材が一つの皿に混ぜ合わされています。

Gado-gadoの主な材料には、茹でたキャベツ、もやし、ほうれん草、ジャガイモ、にんじん、豆腐、テンペ、ゆで卵などがあります。これらの野菜とタンパク質を一つの皿に盛り付け、特製のピーナッツソースをかけて食べます。ピーナッツソースは、ピーナッツ、にんにく、唐辛子、ライムジュース、パームシュガー、塩を混ぜ合わせたもので、濃厚で香ばしい味わいが特徴です。

Gado-gadoは、ヘルシーで栄養バランスの取れた一品であり、ベジタリアンにも適しています。その豊かな味わいと多彩な食材の組み合わせが、多くの人々に愛されています。Gado-gadoは、インドネシア料理の中でも特に人気があり、手軽に作れるため、家庭料理としても広く楽しまれています。

16. ミーアヤム (Mie Ayam)

インドネシア料理『Mie Ayam』とは?

「Mie Ayam(ミー・アヤム)」は、インドネシアで非常に人気のある鶏肉入りの麺料理です。名前の通り、「Mie」は麺、「Ayam」は鶏肉を意味し、香ばしい鶏肉と風味豊かなスープが特徴です。Mie Ayamの主な材料は、中華麺、鶏肉、青菜、もやし、そして醤油ベースの特製ソースです。麺は茹でた後、鶏肉の煮込みと混ぜ合わせられ、さらに鶏のスープをかけて提供されます。

この料理の魅力は、そのバランスの取れた味わいと手軽さにあります。特製の鶏肉ソースは甘さと塩味が絶妙に調和し、麺と絡めることで深い味わいを楽しむことができます。また、青菜やもやしが加わることで、シャキシャキとした食感も楽しめます。

Mie Ayamは、インドネシアの街角や屋台でよく見かける庶民的な料理で、手軽に楽しめる一方で、その味わいは多くの人々に愛されています。特に昼食や夕食の時間帯には、多くの人がMie Ayamを求めて行列を作ることもあります。家庭でも簡単に作れるため、インドネシア料理を初めて試す方にもおすすめの一品です。

17. バクソ (Bakso)

インドネシア料理『Bakso』とは?

「Bakso(バソ)」は、インドネシアの伝統的な肉団子スープです。牛肉、鶏肉、または魚のすり身を使って作られるこの肉団子は、スムーズで弾力のある食感が特徴です。通常、熱々のスープとともに提供され、米麺やビーフン、豆腐、野菜などのトッピングが添えられます。

屋台から高級レストランまで、インドネシア全土で広く親しまれているBaksoは、昼食や軽食として人気があります。特に街角の屋台では、シンプルで手軽に楽しめる一品として、多くの人々に愛されています。各地域や家庭ごとに異なるレシピがあり、スープの味わいやトッピングも多様です。

Baksoの魅力は、そのシンプルさと奥深い風味にあります。肉団子の旨味が溶け込んだスープは、寒い日や小腹が空いたときにぴったりです。インドネシアを訪れた際には、ぜひ現地で本場のBaksoを味わってみてください。

18. ソプ イガ (Sop Iga)

インドネシア料理『Sop Iga』とは?

「Sop Iga(ソップ イガ)」は、インドネシアの伝統的な牛スペアリブスープです。この料理は、骨付きの牛スペアリブをじっくりと煮込んで作られ、その深い旨味と豊かな風味が特徴です。スープは透明で、にんにく、玉ねぎ、セロリ、トマト、ジャガイモ、ニンジンなどの新鮮な野菜が加えられ、バランスの取れた味わいが楽しめます。

Sop Igaは、家庭料理としても親しまれており、特に家族が集まる特別な日やお祝いの席で提供されることが多いです。スープの澄んだ見た目と、柔らかく煮込まれたスペアリブの肉が絶妙に調和し、食べる人の心を温かく包み込みます。

また、地域ごとに独自のアレンジが施されることがあり、スパイスやハーブの使い方にもバリエーションが見られます。インドネシアを訪れた際には、この豊かな味わいを持つSop Igaをぜひ試してみてください。

19. イガ バカール (Iga Bakar)

インドネシア料理『Iga Bakar』とは?

「Iga Bakar(イガ バカール)」は、インドネシアの伝統的な焼きスペアリブ料理です。この料理は、香ばしく焼き上げられた牛のスペアリブが特徴で、甘辛いソースやスパイスでマリネされ、じっくりとグリルされます。特製ソースは、醤油、にんにく、ショウガ、唐辛子などの調味料が使われ、その風味豊かな味わいが人気です。

Iga Bakarは、そのジューシーな肉質と香ばしい風味が魅力で、特に屋台やレストランで提供されることが多いです。家庭料理としても親しまれており、特別なイベントやお祝いの席で振る舞われることがよくあります。焼き上がりの香りとともに、外はカリッと、中は柔らかい食感が楽しめるこの料理は、ビールやご飯との相性も抜群です。

インドネシアを訪れる際には、Iga Bakarの独特な風味をぜひ体験してみてください。その深い味わいと豊かな香りが、きっとあなたの心を掴むことでしょう。

20. セイ サピ (Sei Sapi)

インドネシア料理『Sei Sapi』とは?

「Sei Sapi(セイ サピ)」は、インドネシア東ヌサトゥンガラ州の伝統的な燻製牛肉料理です。「Sei」はローカルの言葉で「燻製」を意味し、「Sapi」は「牛」を意味します。牛肉は薄くスライスされ、特製のスパイスでマリネされた後、ゆっくりと木材を使って燻製されます。この過程で、肉は独特の香ばしい風味と柔らかさを得ます。

Sei Sapiは、主にライスや「Sambal(サンバル)」と呼ばれる辛いソースと一緒に提供されます。サンバルは、唐辛子、にんにく、トマトなどを使用したピリ辛のソースで、Sei Sapiの風味を一層引き立てます。燻製の香りとスパイスの風味が絶妙に混ざり合い、一度食べたら忘れられない味わいです。

この料理は、特にインドネシアの東ヌサトゥンガラ州やその周辺地域で人気がありますが、最近ではインドネシア全土で楽しむことができるようになっています。Sei Sapiのユニークな味わいを体験することで、インドネシアの豊かな食文化の一端に触れることができるでしょう。

21. アヤム グップレック (Ayam Geprek)

Ayam Geprekとは、Ayam Goreng(フライドチキン)をサンバル(sambal, 唐辛子等を用いたインドネシアの調味料)と混ぜ合わせて、すり鉢(Cobek)を用いてすり潰して作られる料理です。

Ayam Geprekは、ジョグジャカルタ発祥の料理です。

2003年、Bu Rum(ラムおばさん)は、当初、屋台で小麦粉で揚げた鶏肉を売っていました。その後、彼女はクドゥス出身の学生から、小麦粉で揚げたチキンの上にサンバルを加え、すり鉢とすりこぎですり潰すように頼まれました。

22. タフ ワリック (Tahu Walik)

Tahu Walik(タフ・ワリッ)は、東ジャワのBanyuwangi発祥のスナックです。

tahu bakso gorengに似た料理ですが、大きな違いはTahu(豆腐)の皮を裏返してから、Bakso(肉団子)を詰めるところです。

豆腐の皮をひっくり返して揚げることで、揚げたときにカリカリ、サクサク感が増して、とても美味しく仕上がります。

23. ナシゴレン カンビン (Nasi Goreng Kambing)

インドネシア料理『Nasi Goreng Kambing』とは?

「Nasi Goreng Kambing(ナシゴレン カンビン)」は、インドネシアの代表的な炒飯料理「Nasi Goreng(ナシゴレン)」に羊肉を加えた一品です。「Nasi Goreng」は「炒飯」を意味し、「Kambing」は「羊肉」を意味します。香ばしい炒飯と、スパイスで風味豊かに調理された羊肉が絶妙に融合したこの料理は、特に肉好きにとってたまらない美味しさです。

Nasi Goreng Kambingの特徴は、ガーリック、シャロット、チリペッパー、クンティールなどのスパイスを使った風味豊かな味付けにあります。これにより、羊肉の独特な風味が引き立ち、炒飯全体に深いコクが加わります。通常、目玉焼き、クリスピーフライドシャロット、ピクルスなどを添えて提供され、さまざまな食感と味のバランスが楽しめます。

この料理は、インドネシア全土の屋台やレストランで手軽に楽しむことができ、多くの人々に愛されています。Nasi Goreng Kambingは、インドネシアの豊かな食文化を象徴する一品です。

24. イカン バカール (Ikan Bakar)

インドネシア料理『ikan bakar』とは?

「Ikan Bakar(イカン バカール)」は、インドネシアの伝統的な焼き魚料理です。「Ikan」は魚、「Bakar」は焼くを意味し、その名の通り、魚を炭火で香ばしく焼き上げた一品です。魚の種類は様々で、バラックーダ、ティラピア、グルーパーなどが一般的に使用されます。

Ikan Bakarの特徴は、事前に特製のマリネソースに漬け込んだ魚を、香ばしくグリルすることにあります。このマリネソースには、ガーリック、タマリンド、チリペッパー、ココナッツオイルなどのスパイスがふんだんに使われており、魚に深い風味と香りを与えます。焼き上がった魚は、バナナの葉で包まれて提供されることが多く、見た目にも香りにも魅力的です。

この料理は、特に海沿いの地域で人気があり、ビーチサイドのレストランや屋台でよく見かけます。Ikan Bakarは、シンプルながらも味わい深く、インドネシアの豊かな食文化を象徴する一品です。

25. サテ タイチャン (Sate Taichan)

インドネシア料理『Sate Taichan』とは?

「Sate Taichan(サテ タイチャン)」は、インドネシアで人気の高いサテ(串焼き)料理の一種です。通常のサテとは異なり、Sate Taichanはその独特な見た目と味わいで知られています。一般的なサテはピーナッツソースで提供されますが、Sate Taichanはピリ辛のチリソースと一緒に楽しむのが特徴です。

Sate Taichanの基本的な材料は、鶏肉、塩、レモンジュース、ガーリック、チリペーストです。鶏肉はシンプルな味付けでグリルされ、その後、酸味と辛味が絶妙にマッチするチリソースを添えて提供されます。このシンプルな調理法により、鶏肉のジューシーさと自然な旨味が引き立ちます。

この料理は、特に夜市やストリートフードの屋台で広く見かけられ、若者の間で特に人気があります。Sate Taichanは、インドネシアの新しいフードトレンドを象徴する料理で、そのシンプルさと刺激的な味わいが、多くの人々を魅了しています。

26. ベベック ゴレン (Bebek Goreng)

インドネシア料理『Bebek Goreng』とは?

「Bebek Goreng(ベベック ゴレン)」は、インドネシアの伝統的な揚げ鴨料理で、その独特な風味とカリカリの食感で多くの人々に愛されています。「Bebek」はインドネシア語で鴨、「Goreng」は揚げることを意味します。この料理は、鴨肉を特製のスパイスでマリネした後、じっくりと揚げることで、外はカリカリ、中はジューシーな仕上がりになります。

Bebek Gorengの味の決め手は、使用されるスパイスブレンドにあります。一般的には、コリアンダー、クミン、ターメリック、ガーリック、ショウガ、レモングラスなどが使われます。これらのスパイスが鴨肉に深い風味を与え、揚げることでその香りが一層引き立ちます。

この料理は、通常、温かいご飯やサンバル(辛いソース)、フレッシュな野菜と一緒に提供されます。Bebek Gorengは、特に祝祭日や特別な機会に人気があり、そのリッチな味わいとボリューム感で、多くの人々を満足させます。インドネシアの豊かな食文化を代表する一品と言えるでしょう。

27. ベベック バカール (Bebek Bakar)

インドネシア料理『Bebek Bakar』とは?

「Bebek Bakar(ベベック バカル)」は、インドネシアの伝統的な焼き鴨料理で、独特の風味とジューシーな食感が特徴です。「Bebek」はインドネシア語で鴨、「Bakar」は焼くことを意味します。この料理は、鴨肉を特製のスパイスでマリネし、炭火やグリルでじっくりと焼き上げることで作られます。

Bebek Bakarの味の決め手は、使用されるスパイスブレンドと焼き方にあります。一般的に、コリアンダー、ターメリック、ガーリック、ショウガ、レモングラス、ケチャップマニス(甘い醤油)などが使われます。これらのスパイスが鴨肉に深い風味を与え、炭火で焼くことで香ばしい香りが一層引き立ちます。

この料理は、温かいご飯、サンバル(辛いソース)、フレッシュな野菜と一緒に提供されることが多いです。Bebek Bakarは特に、特別な食事やお祝いの場で人気があり、そのリッチな味わいと豪華さで、多くの人々を魅了します。インドネシアの豊かな食文化を代表する一品と言えるでしょう。

28. ナシクニン (Nasi Kuning)

インドネシア料理『Nasi Kuning』とは?

「Nasi Kuning(ナシ クニン)」は、インドネシアの伝統的な黄色いご飯料理です。「Nasi」はご飯、「Kuning」は黄色を意味します。この料理は、特別な行事やお祝いの席でよく登場し、その鮮やかな黄色が目を引きます。

Nasi Kuningの特徴的な色は、ターメリックから得られます。ターメリックは、健康効果が高く、抗酸化作用や抗炎症作用があることで知られています。ターメリック以外にも、ココナッツミルク、レモングラス、バイリーフなどの香り豊かなスパイスやハーブが使われ、独特の風味が楽しめます。

調理方法は、まずターメリックとココナッツミルクを混ぜた液体で米を炊き上げます。これにより、米が鮮やかな黄色になり、ココナッツミルクのリッチな風味が加わります。出来上がったNasi Kuningは、鶏肉のサンバル(辛いソース)、テンペ、サテ(串焼き)、煮卵、揚げエシャロットなどと一緒に提供されます。

Nasi Kuningは、インドネシアの文化や伝統を象徴する料理であり、その見た目の美しさと豊かな風味で、国内外で多くの人々に愛されています。

29. ブブール アヤム (Bubur Ayam)

インドネシア料理『Bubur Ayam』とは?

「Bubur Ayam(ブブル アヤム)」は、インドネシアの代表的な朝食メニューで、鶏肉が入ったお粥です。「Bubur」はお粥、「Ayam」は鶏肉を意味します。Bubur Ayamは、米を柔らかく炊いた後に鶏の出汁で煮込むことで、風味豊かで栄養価の高い一品となります。

Bubur Ayamは、その上に多彩なトッピングが施されるのが特徴です。揚げたエシャロット、葱、セロリ、鶏肉の細切れ、煮卵、そしてクラッカー(クルプック)などが定番のトッピングです。また、スパイシーなサンバルソースやカチャップマニス(甘い醤油)を加えることで、さらなる風味の深さを楽しむことができます。

この料理は、インドネシア全土で広く愛されており、街角の屋台から高級レストランまで、さまざまな場所で提供されています。Bubur Ayamは、温かくてほっとする味わいが、忙しい朝に活力を与えてくれる理想的な一品です。

30. ナシ ウドゥック (Nasi Uduk)

インドネシア料理『Nasi Uduk』とは?

「Nasi Uduk(ナシ ウドゥック)」は、インドネシアの伝統的な料理で、ココナッツミルクで炊いたご飯を中心に据えた一品です。「Nasi」はご飯を、「Uduk」は混ぜるや和えるを意味し、その名の通り、多様な食材を組み合わせた料理です。

Nasi Udukは、白ご飯とは異なり、ココナッツミルクや香辛料(レモングラス、ベイリーフ、パンダンリーフなど)で炊き上げるため、香り豊かで風味が豊かなのが特徴です。付け合わせとしては、揚げ鶏(Ayam Goreng)、オムレツ、テンペ(発酵大豆)、ピーナッツソース(サンバルクランプ)、揚げたエシャロットなどが一般的です。

この料理は、朝食や昼食にぴったりで、バリやジャカルタをはじめとするインドネシア全土で親しまれています。特に、露店や屋台で手軽に楽しめるため、地元の人々だけでなく観光客にも人気があります。Nasi Udukは、その豊かな味わいと多彩な食材の組み合わせで、インドネシア料理の奥深さを感じさせてくれる一品です。

31. サテ パダン (Sate Padang)

インドネシア料理『Sate Padang』とは?

「Sate Padang(サテ パダン)」は、インドネシアのスマトラ島西部、特にパダン地域の名物料理で、独特のスパイスが効いた焼き鳥串です。一般的なサテ(焼き鳥)とは異なり、Sate Padangは厚く香り高いスパイシーなソースが特徴です。

この料理のソースは、ターメリック、クミン、コリアンダー、フェンネル、ガランガルなどの豊富なスパイスとココナッツミルクを煮込んで作られます。焼きたての鶏肉や牛肉の串に、この特製ソースをたっぷりとかけて提供されます。付け合わせには、サンバル(辛い調味料)やライムが添えられることが多いです。

Sate Padangは、インドネシアの街角の屋台やレストランで手軽に楽しむことができ、特に夜市での人気メニューとなっています。濃厚なソースと香ばしい肉の風味が絶妙にマッチし、一口食べると病みつきになる美味しさです。訪れる際には、ぜひ現地で本場の味を堪能してみてください。

32. クウェティアウ ゴレン (Kwetiau Goreng)

インドネシア料理『Kwetiau Goreng』とは?

「Kwetiau Goreng(クエティアウ ゴレン)」は、インドネシアの人気料理で、平たいライスヌードルを使った炒め物です。クエティアウは、米粉で作られた幅広の麺で、独特のもちもちとした食感が特徴です。

この料理は、基本的にニンニクやエシャロットを炒めて香りを立てた後、クエティアウを加え、鶏肉、エビ、野菜、卵などを一緒に炒めます。ソースには、醤油、オイスターソース、ナンプラー(魚醤)などを使い、甘辛い味付けがされます。また、唐辛子を加えてスパイシーにすることもあります。

Kwetiau Gorengは、街中の屋台からレストランまで、幅広く提供されているインドネシアの定番料理です。ボリューム満点で栄養バランスも良く、手軽に楽しめる一品です。現地では、ぜひ熱々のKwetiau Gorengを試してみてください。その独特な風味と食感が、きっと忘れられない味わいとなるでしょう。

33. アヤム グライ (Ayam Gulai)

インドネシア料理『Ayam Gulai』とは?

「Ayam Gulai(アヤム グライ)」は、インドネシアの伝統的な鶏肉カレーです。この料理は、ココナッツミルクをベースにした濃厚でスパイシーなソースが特徴で、鶏肉と一緒に煮込まれます。ソースには、ターメリック、コリアンダー、クミン、唐辛子、ガランガルなどの豊富なスパイスが使われ、複雑で深みのある風味が楽しめます。

調理方法は、まず鶏肉をスパイスペーストでマリネし、その後、香りを引き出すために炒めます。次に、ココナッツミルクを加え、鶏肉が柔らかくなるまでじっくりと煮込みます。Ayam Gulaiは、白ご飯と一緒に食べるのが一般的で、サンバル(辛味ソース)やアチャール(ピクルス)を添えるとさらに風味が増します。

この料理は、特にスンダ地方やミナンカバウ地方で人気があり、結婚式や祭りなどの特別な場でも提供されます。Ayam Gulaiは、インドネシアの豊かな食文化を象徴する一品で、そのスパイシーでコクのある味わいは、一度食べると病みつきになること間違いありません。

34. マグランガン (Magelangan)

インドネシア料理『Magelangan』とは?

「Magelangan(マゲランガン)」は、インドネシアのユニークなストリートフードで、ナシゴレン(インドネシア風炒飯)とミーゴレン(インドネシア風焼きそば)の混ぜ合わせた料理です。この料理は、残り物のご飯と麺を組み合わせて作ることから、家庭でも手軽に楽しめる一品です。

Magelanganは、まず香味野菜やスパイスを炒め、鶏肉やエビ、野菜などの具材を加えて炒めます。次に、ご飯と麺を一緒に炒め、ケチャップマニス(甘い醤油)やサンバル(辛味ソース)で味を調えます。最後に、オムレツや目玉焼きをトッピングして完成です。

この料理は、インドネシアの屋台でよく見られ、その手軽さとボリュームから、忙しい人々や学生に人気があります。Magelanganは、異なる食材が一つにまとまり、さまざまな味と食感が楽しめる満足感のある一品です。

35. ビスティック (bistik)

インドネシア料理『Bistik』とは?

「Bistik(ビスティック)」は、インドネシア風のビーフステーキを指す料理です。オランダ植民地時代の影響を受けており、西洋料理とインドネシアの伝統的な味が融合しています。Bistikは、通常牛肉や鶏肉を使用し、特製のソースで煮込むか焼き上げます。

この料理は、肉を柔らかくするために事前にマリネされ、ニンニクや玉ねぎ、醤油、砂糖、黒胡椒などで味付けされます。ソースには、ケチャップマニス(甘い醤油)やトマトケチャップ、ウスターソースが使われ、独特の甘辛い風味を持ちます。付け合わせとして、フライドポテトや野菜、ライスが添えられることが多いです。

Bistikは、家庭料理としても人気があり、特別なイベントやおもてなしの場で提供されることが多いです。その豊かな味わいとボリュームから、インドネシアの人々にとって馴染み深い一品となっています。

36. エス トェレール (Es Teler)

インドネシア料理『Es Teler』とは?

「Es Teler(エス・テラー)」は、インドネシアの人気デザートドリンクです。新鮮な果物を使用したこの冷たいスイーツは、暑い気候にぴったりの爽やかな味わいが特徴です。Es Telerは、ココナッツミルク、コンデンスミルク、シロップをベースに作られ、その上にアボカド、ジャックフルーツ、ナタ・デ・ココ、カポチャ、そしてクラッシュドアイスがトッピングされます。

Es Telerの名前は、「酔っぱらいデザート」という意味ですが、アルコールは含まれていません。その由来は、その美味しさが「酔っぱらうほどの幸福感をもたらす」ということから来ていると言われています。

このデザートは、街角のワルン(屋台)やカフェ、レストランで手軽に楽しむことができ、観光客にも人気です。独特の食感と甘さ、そして果物の風味が絶妙に調和し、インドネシアの食文化を象徴する一品となっています。Es Telerを一度味わえば、その魅力に引き込まれること間違いなしです。

37. マルタバック トゥルール (martabak telur)

インドネシア料理『Martabak telur』とは?

「Martabak telur(マルタバッ・テロール)」は、インドネシアの人気ストリートフードで、卵を使ったボリューム満点のクレープの一種です。外はパリッと、中はふんわりした食感が特徴で、夕食や夜食として親しまれています。

この料理は、小麦粉と水で作った生地に、たっぷりの卵、刻んだネギ、そしてミンチ肉(鶏肉や牛肉)がたっぷり詰められています。生地に具材を包み込み、熱したフライパンでカリカリになるまで揚げ焼きにします。カットして提供されることが多く、特製のソースやピクルスと一緒に楽しむのが一般的です。

Martabak telurは、インドネシア全土の屋台で手軽に購入でき、その手頃な価格とお腹にたまるボリューム感から、多くの人々に愛されています。その美味しさと満足感で、一度食べたら忘れられないインドネシア料理の一つです。

38. グゥティック (Gultik)

インドネシア料理『Gultik』とは?

「Gultik(グルティック)」とは、インドネシアの屋台料理の一つで、正式には「Gulai Tikungan(グライ・ティクンガン)」と言います。この料理は、ジャカルタの夜食文化の象徴であり、特に若者や夜更かしする人々に人気があります。

Gultikは、牛肉を使ったスパイシーなカレー風スープで、ご飯と一緒に提供されます。スープはココナッツミルクをベースに、ターメリック、ガランガル、レモングラスなどの香辛料がたっぷり入っており、濃厚でコクのある味わいが特徴です。スープの中には、柔らかく煮込まれた牛肉や内臓、時には豆腐やジャガイモが入っています。

この料理は、ジャカルタの主要な交差点や路地で屋台が立ち並び、深夜まで営業しています。名前の「Tikungan」は「交差点」を意味し、その名の通り、交差点や路地で手軽に楽しむことができることからこの名がつけられました。Gultikは手軽に美味しい夜食を楽しむことができるため、多くの人々に愛されています。

39. バクソ アチ (Bakso Aci)

インドネシア料理『Bakso Aci』とは?

「Bakso Aci(バクソ・アチ)」とは、インドネシアの人気ストリートフードの一つで、特にジャワ島で親しまれています。Baksoは肉団子を意味し、通常のBaksoは牛肉や鶏肉を主成分としていますが、Bakso Aciは小麦粉やタピオカ粉をベースにした独特の食感を持つ団子です。

Bakso Aciは、透明で弾力のある見た目とプルプルとした食感が特徴で、スープと一緒に提供されることが多いです。スープは、酸味のあるレモングラスや、ピリ辛のサンバルソースが効いたスパイシーなものが一般的です。また、レモン汁を絞って酸味を加えたり、揚げたエシャロットやネギをトッピングすることもあります。

この料理は、安価でありながら満足感が高く、特に若者や学生の間で人気があります。インドネシアの屋台や小さな食堂で簡単に見つけることができ、手軽に楽しめる一品です。Bakso Aciは、そのユニークな食感と風味で、インドネシア料理の中でも特に魅力的な存在です。

40. サユール ブニン バヤム (sayur bening bayam)

インドネシア料理『Sayur Bening Bayam』とは?

「Sayur Bening Bayam(サユール・ベニン・バヤム)」は、インドネシアの家庭料理で、特にヘルシーでシンプルなスープとして知られています。「Sayur」は野菜、「Bening」は透明、「Bayam」はほうれん草を意味し、その名の通り、透明なスープにほうれん草が入った料理です。

このスープは、基本的に水、ほうれん草、にんにく、しょうが、そして鶏ガラスープの素で作られます。必要に応じて、にんじんやトウモロコシを加えることもあります。調味料はシンプルで、塩と胡椒のみ。作り方も簡単で、材料を煮込むだけで完成するため、忙しい家庭でも手軽に作ることができます。

Sayur Bening Bayamは、栄養価が高く、ビタミンやミネラルが豊富です。特にビタミンAや鉄分が含まれており、健康維持に役立ちます。軽い食事として、または他の料理と一緒に楽しむことができるこのスープは、インドネシアの多くの家庭で日常的に食べられています。

41. ナシ チャンプル バビ (Nasi Campur Babi)

インドネシア料理『Nasi Campur Babi』とは?

「Nasi Campur Babi(ナシ・チャンプル・バビ)」は、インドネシアの伝統的な料理で、特にバリ島で人気があります。「Nasi Campur」は「混ぜご飯」、「Babi」は「豚肉」を意味し、その名の通り、豚肉を中心に多彩なおかずを一緒に楽しむ料理です。

Nasi Campur Babiのプレートには、白ご飯を中心に、バビ・グリンシン(甘辛い豚肉炒め)、サテ・バビ(豚肉の串焼き)、ウラブ(ココナッツと野菜の和え物)、サンバル・マタ(バリ風辛味ソース)などが盛り付けられます。それぞれのおかずは独自の調味料やスパイスで味付けされており、風味豊かな味わいを楽しむことができます。

この料理は、バリ島の多文化的な食文化を反映しており、地元の食材や調理法が生かされています。観光客にも人気で、バリの伝統的な味を手軽に堪能できる一品です。食材の多様性と調理法のバリエーションが特徴で、一皿で様々な味覚を楽しむことができるNasi Campur Babiは、インドネシアの美食文化の一端を感じることができる料理です。

42. グデッグ (Gudeg)

Gudeg(グデッグ)は、インドネシアのジョグジャカルタ特別州や中部ジャワ州など、ジャワ島中央部で広く愛されている伝統的な料理です。

Gudegの材料は、若いジャックフルーツ(Nangka)をココナッツミルク、Gura merah、チークの木の葉(daun jati)と甘い香りのスパイスで、鶏肉や卵、豆腐などと一緒に長時間煮込んだものである。若いジャックフルーツを使ったGudegは、ジョグジャカルタの各地にある屋台やレストランなどで食べることができます。

\ ジョグジャカルタご当地グルメ Gudegについて /

43. サテ クラタック (Sate Klatak)

Sate Klatak(サテ・クラタク)は、ヤギ肉を使ったサテ(串焼き)です。

sate klatak ジョグジャカルタご当地グルメ
Sate Klatakの特徴
  1. 塩のみのシンプルな味付け
  2. 自転車のスポークを使って芯までしっかり焼けた山羊肉

このサテが他のSateと違うのは、サテを加工するための調味料にあります。
Sate Klatakはしょう油やピーナッツソースを使わず、塩だけで味付けするのが特徴で、一緒に出されるGulaiのスープ(スパイスの効いたカレーに近い料理)と食べます。

\ ご当地グルメSate Klatakを堪能! /

44. バクミ ジャワ (Bakmi Jawa)

中華麺とは少し違って、やわからさがあるJawa麺を使用した料理で、Bakmi Jawa Gorengの焼きそば風の料理とBakmi Jawa Godog/Rebusというちゃんぽん麺風の料理の2種類があります。

bakmi jawa rebus

おすすめのレストラン

Bakmi Jowo Mbah Gito

Bakmi Jawa Mbah Gito(バクミ・ジャワ・ムバ・ギト)は、地元の人や観光客の間でとても有名なお店です。

Bakmi Jawa Mbah GitoのBakmi Jawaの特徴は、濃厚で香ばしいソース、たっぷりの細切りにした鶏肉、卵、Bawang Merahの香りです。

お店自体もジャワの文化が表現された建物で観光には特におすすめのお店です。

\ ジャワの食文化を体験! /

45. ミーゴレン (Mie Goreng)

インドネシア料理『Mie Goreng』とは?

「Mie Goreng(ミー・ゴレン)」は、インドネシアの代表的な炒め麺料理です。インドネシア語で「Mie」は「麺」、「Goreng」は「炒める」を意味し、その名の通り、麺を具材と一緒に炒めた料理です。

Mie Gorengは、卵麺や即席麺を使用し、ニンニク、エシャロット、唐辛子などの香味野菜を炒めたベースに、鶏肉やエビ、野菜を加え、甘辛いソースで味付けされます。仕上げに、揚げ玉ねぎやネギ、もやしがトッピングされ、レモンやライムを添えて提供されます。

その風味豊かでボリューム感のある味わいは、インドネシアの家庭料理から屋台、レストランまで幅広く愛されています。手軽に作れることから、日常の食事としても人気があり、多くの人々に親しまれている一品です。食欲をそそる香りと多彩な具材が特徴のMie Gorengは、インドネシア料理の魅力を存分に堪能できる料理です。

46. ロントン サユール (lontong sayur)

インドネシア料理『Lontong Sayur』とは?

「Lontong Sayur(ロントン・サユール)」は、インドネシアの伝統的な朝食料理の一つで、特にジャカルタ周辺で人気があります。「Lontong」はバナナの葉に包んで蒸した圧縮米のことで、「Sayur」は野菜を意味します。この料理は、ロントンと一緒に、ココナッツミルクで煮込んだ野菜や豆腐、テンペ(発酵大豆ケーキ)、卵などが添えられたものです。

Lontong Sayurは、ココナッツミルクの風味豊かなスープと、さまざまな具材の食感が楽しめる一品です。スープには、ガランガルやレモングラス、唐辛子などのスパイスが効いており、深い味わいが特徴です。これにより、濃厚でコクのある味わいが広がり、一日の始まりにぴったりな満足感を提供します。

家庭でも簡単に作れることから、インドネシアの多くの家庭で愛されているLontong Sayurは、観光客にもぜひ試してほしい一品です。

47. バックワン ジャグン (Bakwan Jagung)

インドネシア料理『Bakwan Jagung』とは?

「Bakwan Jagung(バクワン・ジャグン)」は、インドネシアの伝統的なスナックの一つで、トウモロコシを主な材料とした揚げ物です。「Bakwan」はフリッターを意味し、「Jagung」はトウモロコシを指します。トウモロコシの粒を生地に混ぜて揚げることで、外はカリッと、中はジューシーな食感が楽しめる一品です。

この料理は、シンプルな材料で作れることから、家庭料理としても広く親しまれています。通常、小麦粉、卵、ネギ、にんにく、そして調味料を混ぜた生地に、たっぷりのトウモロコシを加えて揚げます。香ばしい香りと甘みのあるトウモロコシの味が絶妙に調和し、ついつい手が伸びてしまう美味しさです。

Bakwan Jagungは、おやつやサイドディッシュとして楽しむことが多く、インドネシアの市場や屋台でもよく見かける人気のスナックです。手軽に作れて美味しいため、観光客にもおすすめのインドネシア料理です。

48. ペペス タフ (Pepes Tahu)

インドネシア料理『Pepes Tahu』とは?

「Pepes Tahu(ペペス・タフ)」は、インドネシアの伝統的な料理の一つで、豆腐をバナナの葉で包み、蒸し焼きにしたものです。「Pepes」はバナナの葉で包んで調理する手法を指し、「Tahu」は豆腐を意味します。この料理は、バナナの葉が豆腐に独特の風味を与え、香り豊かでヘルシーな一品となっています。

調理方法は、豆腐をつぶして、刻んだネギやニンニク、唐辛子などの香味野菜や調味料と混ぜ合わせます。この豆腐ミックスをバナナの葉で包み、蒸し焼きにすることで、素材の旨味が凝縮されます。バナナの葉は、加熱することで独特の香りを放ち、料理にエキゾチックな風味を加えます。

Pepes Tahuは、家庭料理としてもよく作られ、ヘルシー志向の人々に人気があります。蒸し焼きにすることで油を使わず、低カロリーで栄養価の高い料理です。インドネシアのレストランや屋台でもよく見かけるこの料理は、健康的で美味しいインドネシア料理として、観光客にもおすすめです。

49. チャプチャイ (Capcay)

インドネシア料理『Capcay』とは?

「Capcay(チャプチャイ)」は、インドネシアで広く親しまれている野菜炒め料理です。名前の由来は中国語の「什錦菜」からで、「混ぜ野菜」を意味します。インドネシア料理にアレンジされ、豊富な野菜を一度に楽しむことができるヘルシーな一品として人気です。

Capcayの特徴は、多種多様な野菜を使用することです。一般的には、キャベツ、ニンジン、ブロッコリー、カリフラワー、トウモロコシ、キクラゲなどが使われます。さらに、鶏肉やエビ、魚介類などのタンパク質を加えて、ボリューム満点の一皿に仕上げます。

調理方法はシンプルで、にんにくやショウガを香りが出るまで炒め、野菜とタンパク質を加えて炒め合わせます。鶏がらスープやオイスターソース、醤油で味付けをし、とろみをつけるために片栗粉を加えます。短時間で調理できるため、忙しい日常にもぴったりの料理です。

Capcayはそのバランスの取れた栄養価と美味しさから、家庭料理としても外食先としても人気があります。多彩な食材を一度に摂取できるこの料理は、インドネシアの健康的な食文化を象徴しています。

50. トゥミス ダウン パパヤ (Tumis Daun Pepaya)

インドネシア料理『Tumis Daun Pepaya』とは?

「Tumis Daun Pepaya(トゥミス ダウン ペパヤ)」は、インドネシアで親しまれている伝統的な野菜料理です。直訳すると「パパイヤの葉炒め」という意味で、パパイヤの若葉を主材料に使った一品です。パパイヤの葉は特有の苦味があるため、この料理はその苦味を和らげる工夫が施されています。

調理方法は非常にシンプルです。まず、パパイヤの葉を塩でもんでアク抜きを行い、さっと茹でます。次に、にんにく、ショウガ、唐辛子などのスパイスを炒めて香りを引き出し、茹でたパパイヤの葉を加えて一緒に炒めます。仕上げに塩や醤油で味を調え、場合によってはココナッツミルクを加えてコクを出すこともあります。

Tumis Daun Pepayaは、そのユニークな風味と健康効果から人気があります。パパイヤの葉にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、免疫力向上や消化促進に役立ちます。特に、伝統的なインドネシアの家庭料理として、栄養価の高い一品として重宝されています。

51. ナシ チャンプル アヤム (Nasi Campur Ayam)

インドネシア料理『Nasi Campur Ayam』とは?

「Nasi Campur Ayam(ナシ チャンプル アヤム)」は、インドネシアの代表的な混ぜご飯料理の一つです。直訳すると「鶏肉入り混ぜご飯」という意味で、白ご飯に鶏肉を中心としたおかずを数種類盛り合わせた料理です。バリ島をはじめ、インドネシア全土で広く親しまれています。

この料理は、基本的にご飯の上に鶏肉の煮込みや焼き物、さらにはテンペ(大豆発酵食品)、卵、野菜のサラダ、サンバル(チリソース)などが添えられます。おかずの種類や味付けは地域や家庭によって異なり、その多様性がNasi Campur Ayamの魅力の一つです。

Nasi Campur Ayamは、そのバランスの取れた栄養価と豊かな風味から、朝食やランチとして人気があります。また、屋台やレストランなど、さまざまな場所で手軽に楽しむことができるため、地元の人々だけでなく観光客にも愛されています。この一皿でインドネシアの多彩な味覚を堪能できる点が、Nasi Campur Ayamの魅力です。

52. ペンペック (Pempek)

ペンペックは、魚のすり身とタピオカで作られるインドネシアの伝統的なかまぼこのような料理です。

この料理の実際の起源は、南スマトラ州に位置するパレンバン市である。パレンバン市民の老人が、伝統的な魚のフライや焼き魚に飽き飽きしたので、肉をすり潰し、タピオカ粉と混ぜて揚げ、カリカリで美味しいスナックにする画期的な方法を思いついたという。その後、彼は市内を自転車で周り、Pempekを売っていました。

時が経つにつれ、ペンペックは賞賛に値するスナックとして認識されるようになり、今日ではインドネシアの伝統的な珍味とされています。この丸いまたは長方形のPempekは通常蒸され、食べる直前に植物油で揚げられ、一口大にカットされる。

最後に

ジョグジャ先生

最後まで読んでいただきありがとうございました!

こちらのブログでは、インドネシア関連のお役立ち情報をたくさん紹介しています!
ぜひこちらの記事もチェックしてみてください!

参考文献・記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ジョグジャカルタ在住の日本人です。
当ブログでは、インドネシア語学習、ジョグジャカルタ観光、現地生活のあれこれ等々、幅広く取り扱っています。

目次