2024年 パリオリンピックに出場するインドネシア代表選手

2024年 パリオリンピックに出場するインドネシア代表選手

もうすぐパリオリンピックが開幕しますね!
インドネシアからはどんな選手が出場するのでしょうか?

では本記事で、2024年パリオリンピックのインドネシア代表選手について詳しく紹介していきますね!

編集:地球の歩き方編集室
¥2,420 (2024/07/11 18:24時点 | Amazon調べ)
\Amazonプライムデー先行セール/
Amazon
目次

インドネシア代表選手とその種目

今回のパリ五輪では、インドネシアから29選手の出場が決まっています

種目選手名(読み)選手名(実名)
陸上競技ラル・ムハンマド・ゾーリRal Muhammad Zohri
重量挙げエコ・ユリ・イラワンEko Yuli Irawan
ウエイトリフティングリツキ・ジュニアンサヤRizki Juniansyah
ウエイトリフティングヌルル・アクマルNurul Akmal
自転車バーナード・ベニヤミン・ファン・アートBernard Benjamin Van Aert
バドミントンジョナタン・クリスティJonatan Christie
バドミントンアンソニー・シニスカ・ギンティンAnthony Sinisuka Ginting
バドミントングレゴリア・マリスカ・トゥンジュンGregoria Mariska Tunjung
バドミントンファジャール・アルフィアンFajar Alfian
バドミントンムハマド・リアン・アルディアントMuhammad Rian Ardianto
バドミントンアプリヤニ・ラハユApriyani Rahayu
バドミントンシティ・ファディア・シルバ・ラマダンティSiti Fadia Silva Ramadhanti
バドミントンリノフ・リバルディRinov Rivaldy
バドミントンピタ・ハニンタス・メンタリPitha Haningtyas Mentari
ボートメモMemo
柔道マリアム・マーチ・マハラニMariam March Maharani
射撃ファトゥール・グスタフィアンFathur Gustafian
アーチェリーアリフ・ドウィ・パンゲストゥArif Dwi Pangestu
アーチェリーディアナンダ・チョイルニサDiananda Choirunisa
アーチェリーレッツァ・オクタヴィアRezza Octavia
アーチェリーシファ・ヌル・アフィファ・カマルSifa Nur Afifa Kamal
ロッククライミングデサック・マデ・リタ・クスマ・デウィDesak Made Rita Kusma Dewi
ロッククライミングラハマド・アディ・ムリョノRahmad Adi Mulyono
ロッククライミングラジア・サルサビラRajia Salsabila
ロッククライミングヴェドリック・レオナルドVeddriq Leonardo
水泳ジョー・アディティヤ・クルニアワンJoe Aditya Kurniawan
水泳アッザフラ・ペルマタハニAzzahra Permatahani
サーフィンリオ・ワイダRio Waida
体操リフダ・イルファナルスフィRifda Irfanalsufi

注目選手

注目選手『Rio Waida (和井田理央)』とは?

2024年パリオリンピックに出場するインドネシア代表選手の中でも特に注目されているのが、サーフィン競技でインドネシアを代表するリオ・ワイダ選手です。リオ・ワイダ選手は、日本とインドネシアのハーフで、その優れた技術と戦略的なサーフィンスタイルで世界中の注目を集めています。

リオ・ワイダ選手は、これまで多くの国際大会で輝かしい成績を収めてきました。2018年には、アジアサーフィンチャンピオンシップで優勝し、その後も一貫して高いパフォーマンスを発揮し続けています。2021年には、WSL(ワールドサーフリーグ)クオリファイングシリーズでトップクラスの成績を収め、世界ランキングでも上位にランクインするなど、その実力を証明しています。

さらに、リオ・ワイダ選手は2022年のISA(インターナショナルサーフィンアソシエーション)ワールドサーフィンゲームスでも優勝を果たし、オリンピック出場権を獲得しました。彼の柔軟なサーフィンスタイルと波を読む力は、オリンピックでのメダル獲得を期待させます。

リオ・ワイダ選手の成功は、インドネシアの若いサーファーたちにとって大きなインスピレーションとなっています。彼は、世界の舞台でインドネシアのサーフィン文化を広めるアンバサダーとしての役割も果たしており、その影響力は非常に大きいです。

リオ・ワイダ選手のオリンピックでの活躍は、インドネシアにとっても大きな誇りとなるでしょう。彼がパリオリンピックでどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか、世界中のサーフィンファンが注目しています。

大会名成績
2018アジアサーフィンチャンピオンシップ優勝
2019ISAワールドサーフィンゲームス5位
2021WSLクオリファイングシリーズトップクラスの成績
2021USオープンオブサーフィンベスト8
2022ISAワールドサーフィンゲームス優勝
2023WSLチャンピオンシップツアー25位
Rio Waida選手の主要大会での過去の成績

これらの成績は、Rio Waida選手がどれほどの実力を持っているかを示しています。特に2022年のISAワールドサーフィンゲームスでの優勝は、彼のキャリアにおける重要なハイライトです。

Jonatan Christie (ジョナタン・クリスティ) : バドミントン男子

2024年7月2日時点の世界ランキングは、3位

2024年パリオリンピックに出場するインドネシア代表の注目選手の一人、ジョナタン・クリスティ(Jonatan Christie)。彼はバドミントン男子シングルスでその名を馳せています。若干23歳でありながら、既に多くの国際大会で輝かしい成績を収め、インドネシア国内外で大きな期待を寄せられています。ジョナタンは卓越した技術とスピード、そして冷静な試合運びで知られ、特にハードな試合でも勝利を掴む強いメンタルを持っています。彼のプレースタイルは観客を魅了し、エキサイティングな試合を展開します。パリオリンピックでもその実力を発揮し、インドネシア代表としてメダルを目指す彼の活躍に注目です。ジョナタン・クリスティは、インドネシアのバドミントン界の未来を担う若きエースとして、更なる飛躍が期待される選手です。

大会メダルの色種目
アジア大会2018年金メダル男子シングルス
東南アジア競技大会2017年金メダル男子団体
東南アジア競技大会2019年金メダル男子団体
東南アジア競技大会2019年銅メダル男子シングルス
バドミントンアジア選手権2019年銀メダル男子団体
トーマスカップ2020年金メダル男子団体
スディルマンカップ2021年銀メダル男子団体
トーマスカップ2022年金メダル男子団体
Jonatan Christie選手の主要大会での結果

Jonatan Christie選手は、数々の国際大会でメダルを獲得しており、特にアジア大会や東南アジア競技大会での活躍が目立ちます。彼の優れたパフォーマンスは、インドネシアのバドミントン界において重要な存在であることを示しています。

注目選手『Eko Yuli Irawan』とは?

2024年パリオリンピックに出場するインドネシア代表の注目選手、エコ・ユリ・イラワン(Eko Yuli Irawan)は、重量挙げ界での実力者として知られています。彼はこれまでに数々の国際大会でメダルを獲得しており、その経験と実績は輝かしいものです。エコ・ユリ・イラワンは、2008年北京オリンピックで銅メダル、2012年ロンドンオリンピックで銅メダル、そして2016年リオデジャネイロオリンピックで銀メダルを獲得しています。さらに、2018年アジア大会でも金メダルに輝き、インドネシアの重量挙げ界を牽引する存在となっています。彼の持つ強靭な体力と精神力、そして卓越した技術は、多くのファンを魅了しています。エコ・ユリ・イラワンは、パリオリンピックでもその実力を発揮し、さらなるメダル獲得を目指すでしょう。インドネシアの誇りである彼の活躍に、今後も目が離せません。

大会メダルの色カテゴリー
北京オリンピック2008年銅メダル男子56kg級
ロンドンオリンピック2012年銅メダル男子62kg級
リオデジャネイロオリンピック2016年銀メダル男子62kg級
世界選手権2018年金メダル男子61kg級
アジア大会2018年金メダル男子62kg級
世界選手権2019年銀メダル男子61kg級

このように、Eko Yuli Irawan選手は数々の国際大会で優れた成績を収めており、インドネシアを代表するトップアスリートとしての地位を確立しています。

注目選手『Gregoria Mariska Tunjung』とは?

インドネシア代表選手の中でも注目される一人がバドミントン選手のグレゴリア・マリスカ・トゥンジュンです。彼女は24歳ながらも、既に数多くの国際大会での経験と実績を誇ります。グレゴリアはジュニア時代から頭角を現し、2017年の世界ジュニア選手権で金メダルを獲得し、その後もシニアカテゴリで活躍を続けています。

特に、彼女のスピードと卓越した技術は、対戦相手にとって大きな脅威となっています。世界ランキングでも着実に上位に位置し、インドネシアの女子シングルスを牽引する存在です。彼女の粘り強いプレースタイルと冷静なメンタルは、見る者を魅了し、多くのファンを持つ理由でもあります。

2024年パリオリンピックでは、グレゴリア・マリスカ・トゥンジュンがどのような活躍を見せるのか、世界中のバドミントンファンが注目しています。彼女の成長と共に、インドネシアのバドミントン界が更なる飛躍を遂げることを期待しましょう。

年度大会名成績
2017世界ジュニア選手権優勝
2018アジアジュニア選手権ベスト8
2018BWFワールドツアーファイナル出場(グループステージ敗退)
2019BWFワールドツアーインドネシアオープンベスト8
2019東南アジア競技大会銅メダル
2020スペインマスターズ準優勝
2021全英オープンベスト16
2022スイスオープン優勝
2023マレーシアオープンベスト8
2023BWFワールドツアーインドネシアオープン準優勝

グレゴリア・マリスカ・トゥンジュン選手の主な大会での成績を記載しています。彼女の着実な成長と国際舞台での活躍が見て取れます。

注目選手『Desak Made Rita Kusma Dewi』とは?

2024年パリオリンピックに出場するインドネシア代表選手の一人、Desak Made Rita Kusma Dewiは、ロッククライミング界で注目を集める選手です。

彼女はインドネシア代表として、数々の主要大会で優れた成績を収めてきました。例えば、アジア競技大会で金メダルを獲得し、IFSCワールドカップでも複数回表彰台に上がるなど、その実力は世界でも高く評価されています。

また、彼女は現在、世界ランキングの上位に位置し、常にトップクライマーとしての地位を維持しています。Desak Made Rita Kusma Dewiの力強いパフォーマンスと持久力は、パリオリンピックでも大いに期待されており、彼女の活躍がインドネシアのロッククライミングに新たな光を当てることは間違いありません。

大会名成績
2018アジア競技大会(ジャカルタ)金メダル
2019IFSC ワールドカップ(スピード)銅メダル
2020IFSC アジア選手権銀メダル
2021IFSC ワールドカップ(スピード)銀メダル
2022IFSC ワールドカップ(スピード)金メダル
2023IFSC 世界選手権(スピード)銅メダル
Desak Made Rita Kusma Dewi選手の主要大会での過去の成績

Desak Made Rita Kusma Dewi選手は、特にスピードクライミングで優れた成績を収めており、インドネシアのロッククライミング界で非常に重要な存在となっています。

最後に

ジョグジャ先生

最後まで読んでいただきありがとうございました!

こちらのブログでは、インドネシア関連のお役立ち情報をたくさん紹介しています!
ぜひこちらの記事もチェックしてみてください!

参考文献・記事

2024年 パリオリンピックに出場するインドネシア代表選手

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ジョグジャカルタ在住の日本人です。
当ブログでは、インドネシア語学習、ジョグジャカルタ観光、現地生活のあれこれ等々、幅広く取り扱っています。

目次