インドネシア関連小説『赤道星降る夜 (古内一絵)』読書レビュー

インドネシア小説 赤道星降る夜 レビュー 読書記録

インドネシアのことをもっと知りたいなーと思ってるんだけど……。
小説みたいな形式で楽しみながらインドネシアの歴史や各地のことについて知ることのできるものってないかな〜?

ジョグジャ先生

そんなあなたには、主人公が現代社会の27歳のIT企業勤務。
というそんな視点から、物語が始まるインドネシアを舞台にした小説はいかがでしょうか?

お!なんだか、ちょっと聞いただけでも気になります!
ぜひ詳しく教えてください。

目次

本の紹介『赤道星降る夜』

小学館
¥737 (2024/06/16 16:39時点 | Amazon調べ)

概要

真実から生まれた、命の重さを問う人間賛歌。

ブラック企業に追い詰められ多額の借金を背負った達希(27歳)は発作的に飛び降り自殺を図り、15年前に死んだ祖父の霊に助けられる。

祖父は生前心残りの「人探し」を一緒にすることを条件に隠し財産で借金の肩代わりを提案。

そこから祖父の霊とのボルネオへの旅が始まる。

そこで出会ったのは、個性豊かな人々と悲惨な戦争の記憶。
将校でも戦闘機乗りでもない大多数を占めた一般兵士の彼らの戦死とは、飢えや伝染病で命を落とす悲惨なものだった。

やがて一行は赤道の街に到着。
そこには、この旅に祖父が託した本当の目的が隠されていた。

今まで決して口にすることのなかった、「知られざる謀略事件」とは・・・・。そして、そこに隠された,祖父の過去にまつわる真実とは・・・・・。

著者『古内一絵』さんについて

1966年東京生まれ。

2011年『快晴フライング』(ポプラ社)でデビュー。

『フラダン』は第63回青少年読書感想文コンクールの課題図書に。
2017年『フラダン』で第6回JBBY賞(文学作品部門)を受賞

感想

この本が特に面白いと感じたのは、戦争時に大多数を占めた一般兵士の視点での、当時の戦争の様子や状況、心情が鮮明に描写されている箇所です。

終戦ほど曖昧なものはなかった。
自分たちは一体なにと戦っていたのだろうと考えずにはいられなかった。名誉の戦死はどこにもなく、あるのは無念の死ばかりだ。

この言葉。
終戦というものが、実際には明確にその日を限りにして終わるものではなく、実際の戦地では、そのまま生死をかけた戦いが続いていたり、その後も生活が続いていたりと至極あいまいなものであったことがよく分かる一節です。

そして、赤道直下のこの地”ポンティアナック”には、日本軍が起こしたポンティアナック事件の慰霊碑があり、毎年そこで、慰霊祭が行われています。

引用: https://www.kompas.com/skola/read/2020/06/28/141137869/peristiwa-mandor-pembantaian-massal-di-kalimantan-barat-oleh-jepang?page=all&lgn_method=google

物語の登場人物がIT会社勤務の27歳男性。
責任や激務に追われて、仕事を辞める選択をできずに自殺をしようと試みたときに、死んだはずのおじいちゃんが語りかけて、間一髪自殺を思いとどまる。
そして、おじいちゃんからあるお願い事をされて、インドネシアに渡る。

そんなことから始まるこのストーリーがなんとも小説を読んだ当時、27歳IT企業勤務でインドネシア駐在中の私には、他人事には思えない親近感を抱きました。

戦争ものの小説とはいえ、現代社会の20代目線を通して進んでいく物語は、とても読みやすく、ついつい入り込んでしまう展開で、ぜひみなさんにもおすすめしたい一冊です。

小学館
¥737 (2024/06/16 16:39時点 | Amazon調べ)

小説に登場する場所・史実

ポンティアナック事件

ポンティアナック事件(インドネシア語: Tragedi Pontianak)は、第二次世界大戦中の1943年10月23日から1944年8月にかけて、インドネシア西カリマンタンのポンティアナックで発生した、日本海軍の民政部および海軍特別警察隊による住民への弾圧事件。

この事件で、一般住人を含む約2000名が犠牲になったと言われています。

引用: https://pontianak.tribunnews.com/2019/06/28/mengenang-tragedi-mandor-yang-hilangkan-satu-generasi-terbaik-kalbar

1944年6月28日の日本軍の軍事法廷により47名の死刑が確定し、即日処刑がなされたことが7月1日に現地民政部より発表されたがそれ以外にも少なからずの現地人が正式な裁判無しに処刑されました。

裁判無しに処刑された者を合わせた犠牲者数については2千名から4千名と資料によってばらつきがありますが、当時海軍民政部で通訳として事件の取り調べを行った井関恒夫は1486名という記録を残しています。

カリマンタン(ボルネオ島)

ボルネオ島(英語: Borneo, インドネシア語: Pulau Kalimantan)は、東南アジアの島。

南シナ海(西と北西)、スールー海(北東)、セレベス海とマカッサル海峡(東)、ジャワ海とカリマタ海峡(南)に囲まれています。

インドネシア小説 赤道星降る夜 レビュー 読書記録

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ジョグジャカルタ在住の日本人です。
当ブログでは、インドネシア語学習、ジョグジャカルタ観光、現地生活のあれこれ等々、幅広く取り扱っています。

目次