インドネシアのライドシェア Gojek(GoRide)で使える保険

Gojekに乗っている際に事故に遭ってしまいました……
所持品もいくつか失くなってしまい……
大変困っています……

ジョグジャ先生

お怪我は大丈夫でしたでしょうか?
そんなときでも、GoRideは保険が基本的に全ての乗客に適応されています。

ジョグジャ先生

一度問い合わせてみることをおすすめいたします。
※ご加入の海外保険会社にもお問い合わせください。

created by Rinker
明日香出版社
¥1,760 (2024/03/01 16:50:22時点 Amazon調べ-詳細)
目次

GojekのGoRideで適応される保険と補償内容

犯罪(強盗)による携行品の紛失・破損

この保険は、GoRideの乗客が犯罪に巻き込まれ、携行品を紛失または破損された場合に適用されます。

補償額は1件につき最高Rp1,000,000です。

事故等による怪我などの傷害

この保険は、GoRideの乗客が事故により負傷し、治療が必要となった場合に適用されます。

医療費には、部屋代(入院の場合)、薬代が含まれます。医療費は1事故につきIDR25,000,000まで補償されます。

事故等により後遺障害が残った場合

この保険は、GoRideの乗客が1回の事故により手足のいずれかを失い、再び機能することができなる等、医師により永久的な障害を宣告された場合に適用されます。

後遺障害の保険金額は、1回の事故につきRp50,000,000を上限とし、手足の各部位の割合に応じて算出されます。

事故による死亡

交通事故による死亡保険金は、1事故につき50,000,000ルピア、葬儀費用はIDR 1,000,000です。

保険の対象者

保険の対象となるのは、以下の通りです

  • Gojekアプリに登録され、GoRide交通サービスを支払い、予約した乗客。
  • Gojekのアカウント所有者でないGoRideの乗客で、Gojekのアカウント所有者によって予約された人

保険金の請求方法

以下のオンラインフォームより申請をすることができます。

Gojek(GoRide)のオンライン保険金請求フォーム

※上記をクリックすると申請フォームのページに遷移します。

オンライン・フォームに必要事項を記入した後、Gojekまたは保険会社から連絡があり、情報の完全性を確認するため、事故に関するいくつかの質問(何を、誰が、なぜ、いつ、どこで、どのように経過したかなど)への回答が必要になる場合があります。

必要書類

ジョグジャ先生

事件や事故によって、提出が必要になる資料が変わります。
事故に遭われた際は、相手のKTP、運転手のKTP、警察への連絡、できるだけの状況証拠の録画、速やかにGojekのカスタマーサポート等に連絡することをおすすめいたします。

犯罪による携行品の紛失または破損

  • 被保険者の身分証明書の写真(KTPやパスポート)
  • 事件に関する警察報告書(BAP)の原本
  • 身体的暴力の証拠となる写真または医師の診断書
  • 破損/紛失した物品の詳細
  • 必要に応じてその他の書類

事故等における医療費の払い戻し

  • 被保険者の身分証明書の写真(KTPやパスポート)
  • 事件・事故に関する警察報告書(BAP)の原本
  • 領収書の原本および病院等での治療費の詳細
  • 検査結果およびX線検査結果とうの検査の詳細に関する書類
  • 必要に応じてその他の書類

事故による入院または通院治療

  • 被保険者の身分証明書の写真(KTPやパスポート)
  • 事件・事故に関する警察報告書(BAP)の原本
  • 領収書の原本および病院等での治療費の詳細
  • 検査結果およびX線検査結果とうの検査の詳細に関する書類
  • 必要に応じてその他の書類

請求の申請・提出期限

GoRideサービス利用時の事故に関する請求は、事故発生後30日以内にオンライン請求フォームから報告する必要があります。

補償金の支払いまでに要する期間

死亡を伴わない補償の場合5営業日
死亡を伴う補償の場合7営業日

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ジョグジャ先生

基本的には、日本の海外保険も適応されると思いますので、ご加入の保険会社に問い合わせてみてください。

できるだけインドネシア滞在中に事故に遭ってしまった場合は、取得できる状況証拠を残した上で、インドネシア語が話せない場合は信用できる友人等に電話等で仲介してもらいながら、助けを求めることをおすすめいたします。

ちなみにインドネシアで事故に遭っても、インドネシアの方も警察に報告をしないケースが多いです。
というのも、警察自身も汚職によってお金を請求するケースやお金を払わないと現場に来てくれないケース等が多いためです。補償があることを説明した上で、警察に連絡してもらうことをおすすめします。

こちらの保険は警察による証明書がないと保険が下りません。

当ブログではインドネシア生活でのお役立ち情報などを紹介しています。
ぜひこちらの記事ももチェックしてみてください。

参考文献・記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ジョグジャカルタ在住の日本人です。
当ブログでは、インドネシア語学習、ジョグジャカルタ観光、現地生活のあれこれ等々、幅広く取り扱っています。

目次