インドネシアの会社種別・形態について | PT・CV・PMA・Firma

インドネシアの会社の種別のような名称で、PTやPMA、CVなどをよく耳にするんですが……。
あまり分かっていなくて……。

ジョグジャ先生

分かりました!
それでは、今回の記事では、インドネシアの会社種別や形態について詳しく解説いたします。

目次

インドネシアの会社の種類

インドネシアの会社は、大きく分けて以下の3つに分けることができます。

  • 株式会社(PT: Perseoran Terbatas)
  • 合資会社(CV: Commandtitaire Vennootschap)
  • 合名会社(Firma)

株式会社(PT: Perseoran Terbatas)

有限責任であり、公開や非公開、会社規模によりさらに細かく分類されます。

外国企業が現地法人を設立する形態で事業進出する場合、現地法人は株式会社(Perseroan Terbatas : PT)の形態である必要があります。

Perseroan Terbatas (PT)は出資元によって、以下の2つに分類されます。

  • PMA(Perseroan Penanaman Modal Asing): 外国資本投資企業
  • PMDN(Perseroan Penanaman Modal Dalam Negeri): 国内資本投資企業

合資会社(CV: Commandtitaire Vennootschap)

能動的協力者(komplementer)と受動的協力者(komanditer)の役割を分担する少なくとも2人によって設立される事業体です。

受動的協力者は資本投資の責任を負い、能動的協力者は活動運営の責任を負います。利益分配の割合は相互の合意によって決定されます。

有限責任提携という形態に該当します。

合名会社(Firma)

Firmaとは共通の名の下に会社を経営するために設立されたパートナーシップ、団体、組合です。

会社の構成員は、会社の第三者との契約に対して無限責任を負います

PT: Perseoran Terbatasとは?

株式会社は、大きく分けて、株式が公開されている公開会社と公開されていない非公開会社に分類される。

公開会社(PT Tbk: Perseoran Terbuka/Perusahaan Terbuka)

公開会社は後述するパブリック・カンパニー、または、株式の公募を行う会社と定義されています。

また、公開会社は、商号の最後に”Tbk”の文字を加えることが必要とされています。
公開会社は、資本市場法、金融庁規則に基づく規制に服する必要があります。

パブリック・カンパニー (PP: Perusahaan Publik/Perseroan Publik)

以下の条件を両方満たす会社は会社法上、Perseroan Publikと定義されており、資本市場法上は、Perusahaan Publikと定義されています。

パブリック・カンパニーの条件

  • 株主: 300名以上
  • 払込資本: 30億IDR以上

エクイティ証券の公募を行う会社

エクイティ証券とは、株式・転換社債・株式引受権付証券のこと言います。

このエクイティ証券の公募を行った会社が金融庁規則において、公開会社と定義されています。

PTとCVの違い

1. 会社の形態

CVとPTの最初の違いは、会社の形態である。PTは、2007年法律第40号でその地位が規定されている事業体の形態である。一方、CVはその規制を規定する法人格を持たない。

また、CVの設立はPTよりも容易である。 CVはオランダの植民地時代から受け継がれた事業体の形態であることに留意されたい。現在に至るまで、CVは中小企業の起業家に広く利用されている。

2. 会社の資本金

CVとPTの次の違いは、発行される会社資本から見ることができる。2007年の法律第40号では、PT設立のための会社資本金は5,000万IDRと決定されている。

一方、CVの形で事業体を設立するためには、最低会社資本金はない。しかし、資本金は将来受け取る利益に影響する。

3. 設立者

CVを設立する場合、最低2名が必要であり、インドネシア国民でなければなりません。

一方、PTを設立する場合は、最低2名が必要で、外国籍の方も関与することができます。各当事者がシェアを持っている限り。

4. 経営

CVを設立する場合、経営者は積極的盟友と消極的盟友の2つのグループに分けられる。積極的盟友は会社を経営する義務がある。一方、受動的盟友は資本預託者としてのみ行動する。

そして、PTでは、株主総会(GMS)に基づいて選出された取締役によって経営が行われる。株主は、取締役会のメンバーに任命されない限り、PTを管理・運営する権限を持たない。

5. 登記

CVとPTの次の違いは、事業体の登記から見ることができます。CVの場合、法人権省の事業体管理システムに登録し、公正証書を作成するだけでよい。設立費用も安い。

一方、PT登記は公証役場で行う必要がある。その後、公証人によって作成された証書は、法人としての地位を持つために、法律・人権大臣によって認可されなければならない。

6. 会社名

CV字型の事業体には、会社名に関する特別な規定はない。そのため、同じCV事業体名が存在することもある。

PTについては、法人権省から認可を得た後、有限責任会社(Limited Liability Company)またはPTと略すという文言を入れ、他の会社が使用していない会社名を使用しなければならない。

7. 目的と事業活動

最後の違いは、目的と事業活動から見ることができます。CV事業体は、特定の分野で事業活動を行うことに制限があります。これには、貿易、建設、工業、作業場、農業、印刷、サービスなどが含まれる。

一方、PT事業体は、設立の目的および目標に従って、すべての事業活動を行うことができる。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。
こちらのブログでは、インドネシアの生活に関するお役立ち情報、ジョグジャカルタを中心とした観光情報、インドネシア語学習に関するお役立ち情報を発信しています。

ぜひこちらの記事もチェックしてみてください。

参考文献・記事

created by Rinker
¥4,851 (2024/03/02 11:06:53時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ジョグジャカルタ在住の日本人です。
当ブログでは、インドネシア語学習、ジョグジャカルタ観光、現地生活のあれこれ等々、幅広く取り扱っています。

目次