ムンドゥット寺院遺跡 Candi Mendut | 観光・見どころ・チケット

ムンドゥット寺院とは? みどころ・チケット・アクセスについて

今度観光でボロブドゥール寺院に行く予定なんですが……
他にも近くにおすすめの場所はありますか?

ジョグジャ先生

ボロブドゥールのあるMagelangのエリアには、他にもいくつか遺跡があります。
今回は、ボロブドゥール周辺の遺跡の中で最も古い歴史を持つムンドゥット寺院(Candi Mendut)について紹介いたします。

created by Rinker
¥1,683 (2024/03/01 16:52:02時点 Amazon調べ-詳細)
目次

ムンドゥット寺院(Candi Mendut)とは?

ムンドゥット寺院(Candi Mendut)は、ボロブドゥール寺院から約3キロのところにある、ボロブドゥール周辺の9つの遺跡の中では、最古の仏教遺跡です。

見どころ

建物の形態

ムンドゥット寺院は、外側が安山岩、内側がレンガでできています。寺院は北西を向いており、東を向いているボロブドゥール寺院とは正反対になります。

寺院の平面は長方形で、長さ33.80m、幅25m、高さ18.95m。寺院の麓の高さは3.7mで、14段からなる入口の階段があります。 寺院の建物は一室式で、階段は北西側にあります。寺院の足元には高さ1mの棚があり、幅2.48mの廊下がある。寺院の建物は建築学上、麓、胴体、屋根の3つの部分に分かれています。

階段の頬の基部は、口を大きく開けた象の幹を持つ竜の頭の形をしたマカラで飾られている。マカラは2つ(一対)ある。龍の口の中にはライオンがいる。竜の頭の下には、小人(ガーナ)の形をした壁画があります。

仏像『三尊像』

階段を登り、入口から中に入ると、保存状態の良い大きな 3 体の仏像『三尊像』を見ることができます。

中央の高さ2.5 m の仏像は、釈迦が両手で転法輪印を結んでいる様子を表現しています。椅子に座った珍しい釈迦の姿を見ることができます。

椅子に座ったスタイルの仏像は、初めて見ました!
なんだか椅子も立派で、王様のような偉大さを感じました。

ジョグジャ先生

インドネシアの仏像でも椅子に座って足を降ろした、倚像(いぞう)というスタイルの仏像が流行しましたが、このスタイルは中国にもあります。

これは仏教の創始者である釈迦が、悟りを開いた後に始めて説教を行った、釈迦の生涯の中で重要な瞬間を表しています。

釈迦の両脇の仏像も見どころの1つです。

壁画・レリーフ

階段の壁には、仏教の教えを含む様々な物語(PañcatantraとJatakaの物語のレリーフ)が描かれた壁画がいくつか飾られています。Pañcatantraはインドのカシミール地方で生まれた世界文学で、紀元1世紀に書かれたものです。

Pañcatantraは、Wisnusarmaという名のブラフミンが、3人の王子の息子たちに、世俗的な知恵や生活、より具体的には政治学や国家運営について教える物語です。

主に以下の5つの物語に分かれています。

  • Mitrabheda(友人との別れ)
  • Mitraprāpti(友人の来訪)
  • Kākolūkīya(戦争と平和)
  • Labdhanāśa(幸運の喪失)
  • Aparīkṣitakāritwa(行動)

ムンドゥット寺院の本体にあるレリーフは、プラダクシナ(時計回り方向)に見ることができ、仏教のタントラーヤナ学派のガルバダトゥ曼荼羅として知られる神々のパンテオンのレリーフで構成されています。

アクセス

ボロブドゥールから約3km程度の距離で、ボロブドゥールから車で5分程度で行くことができます。

ボロブドゥールの観光と合わせて行くことをおすすめします。

ムンドゥット寺院とは? みどころ・チケット・アクセスについて

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ジョグジャカルタ在住の日本人です。
当ブログでは、インドネシア語学習、ジョグジャカルタ観光、現地生活のあれこれ等々、幅広く取り扱っています。

目次